子供の癇癪を止めるには何を伝えればいいの?

· 2018年10月22日
何より子供への愛をしっかりと伝え、愛や温もりを感じさせてあげることが最も大切です。

子供が 癇癪 を起こすということは、「感情に支配されていて、コントロールすることができない」とあなたに訴えかけているということです。子供がそういった強い怒りの反応を示すことはごく普通のことで、まだ、強烈な感情をうまく言葉で表現することができないのです。

癇癪は大抵2歳頃から始まります。健全な感情発達を促すためにも、適切に扱うことが重要です。

ひとえに癇癪と言っても、様々なタイプの癇癪があることをご存知でしょうか。時に、怒り、喚き散らすことが子供にとって、他人をコントロールし、自分が望むものを得るための手段になることがあります。また、何か心に秘めた感情が原因の場合もあります。

しかし、どのような場合でも、子供の癇癪を真に受けないでください。冷静に、まずは自身の感情をコントロールしましょう。

親としては、起こったことについてしっかり子供と話し合うべきですが、子供が暴れまわっている間は控えてください。落ち着いた時を見計らって、話し合ってみてください。

子供は理屈など考えずに、湧き上がる怒りを発散させています。専門家は、子供の感情が爆発したときには、抱擁をもってあなたの答えとすべきだと言います。柔らかく、優しい言葉で話してください。子供の怒りが収まった時が、話し合う会う絶好の機会です。

子どもの 癇癪 持ち

癇癪 :対策を考えよう

癇癪は子供が幼児期の間には付いて回るものです。だからこそ、そういった事態が起こるたびに、子供と話すことがとても重要となります。そうすることで、反省、成長を促し、癇癪の再発を未然に防ぐことにつながるのです。

  • 子供と話し合う際には、まず具体的に、明確かつ直接的に伝えるように心がけましょう。子供があなたの伝えることを理解することが最も重要です。
  • あくまで友好的に、ジェスチャーを交え、必要に合わせて、抱擁や、笑顔、愛情のこもった言葉を用いてください。癇癪へ対応することは、子供とのコミュニケーションの中ではいたって基本的なものです。だからといって、子供の振る舞いを許してはいけません。優しさの中にも、子供の振る舞いへの厳しさはしっかり示してください。
  • 子供が我を忘れるほどの怒りを見せた際には、保護者は、その状況を評価する必要があります。子供が癇癪を起こしている場所が危険な場合には、最優先事項は、安全な場所に連れて行くことです。連れて行く数分の間には何も話さないことが最善です。子供の注意を何か別のものに引きつけることが、癇癪をなだめる戦略の一つです。そうすることで、感情の爆発を引き起した要因から子供の気をそらすことができます。

ポジティブな強化

  • 子供とのあなたの会話が戒めではあってはいけません。あくまで感情の爆発が、子供の本意でなく、コントロールできないものであることを忘れないであげてください。 「一緒に乗り越えていこう」や「大丈夫、いつでもそばにいるよ」といった言葉は、心を温め、その温もりは、子供を落ち着かせ、安心を与えるでしょう。
  • 子供がコントロールを取り戻すことをあなたが喜んでいるとしっかり示すことが大切です。そうすることで、子供により良い対応の方法を伝えることができるでしょう。 “また、同じような気持ちになったら話してみてね。思ったことをママに伝えて、二人で一緒に解決しよう」「ママが「ダメ」と言う時には、なぜかを聞いて。必ず理由があって、それがあなたのためだとママは思っているの」このようなフレーズを実践してみてください。
泣いている子ども 癇癪

  • 子供と話す時に、不満を伝えたり、裁くようなまねは絶対にしてはいけません。言及すべきはあくまで振る舞いに関してです。子供を悪者にしては絶対にいけません。あくまで悪かったのは言動、行動です。これを、行動、その原因を話し合う上で、基本的な考え方として下さい。子供たちは、自分が裁かれていないと判断して初めて、思いを打ち明けてくれるでしょう。
  • 子供の思考は単純です。話すときには、あいまいで一般的な言葉を避けてください。たとえば、一般的には、「良い」という言葉を使います。しかし、この表現には子供にはまだ理解しきれていない幾つもの行動が含まれているのです。 だからこそ「まだダメ」、「ここでは大きな声を出しちゃダメ」、「これに触っちゃダメ」など、直接的で具体的なメッセージの方が明確で伝わりやすいのです。
  • 子供と話すことは、同時に子供の話を聞くことでもあります。あなた自身が、我が子の怒りの原因を理解しようとしなければなりません。そうすることが、子供にとっても自身の行動を振り返り、何がどう適切でなかったのかを省みる良いきっかけとなります。子供の理解力を過小評価しないでください。

子供が年を重ね、青年期に差し掛かれば怒りの爆発が別の形で現れるかもしれませんが癇癪は滅多に起こさないはずです。子供の年齢がいくつであったとしても、癇癪をなだめるアドバイスは概ね同じです。

冷静であること、話をするだけでなく子供の話も聞くこと、あなたのメッセージを子供に伝えること。そして何より子供への愛をしっかりと伝え、愛や温もりを感じさせてあげることが最も大切です。

https://youaremom.com/stopping-tantrums-children/