児童虐待と子どもへの影響について

· 2018年11月6日
児童虐待というと身体的暴力を思い浮かべることでしょう。しかし、虐待には様々な種類があるのです。

私たちの社会において、児童虐待はとても悲しい現実です。両親や権力のある大人が、体罰の方法として児童虐待をしてしまい、自分のフラストレーションの、はけ口として子どもに当たる人もいます。

児童虐待の動機が何であれ、この問題を明るみにして、事実を知ることが非常に重要になってきます。もしあなた自身が自分の子どもを虐待しているなら、今すぐその危険な行動をやめなければいけません。

子どもが健全に成長するには、住居、食料、教育だけが必要なのではありません。もちろん毎日の生活を営むのに、最低限それらが満たされているのは基本です。

しかし子どもが正当な扱いを受けていないのなら、衣食住などの要素だけでは、幸せで健康な子どもには育たないのです。子どもの幸せと健全な成長には、それだけでは足りません。

衣食住と教育の他に、心の教育が重要になのです。今回は、児童虐待についての情報をご紹介します。

児童虐待にはいくつか違う種類があること、そしてそれぞれの虐待にある主な理由についても説明します。

また、虐待によって起こる、子どもの成長への影響とその防止策について見ていきましょう。

児童虐待の種類

児童虐待にはいくつか種類があり、それぞれ異なる悪影響をもたらします。

児童虐待の種類に関しては、個々の状況や様々な要因によって違ってくるものです。

児童虐待はとても複雑なもので、多様な要因が絡まって起こるというのが現実ですが、どんな状況であれ、児童虐待はけして許されない行為です。

身体的虐待

身体的虐待は最もよく知られる虐待でしょう。意図的に人の身体に暴行を加える行為を指します。殴る、蹴る、切り傷を負わせるなど、その他もっと深刻な虐待も含まれます。

家庭内でそのような身体的虐待が起こる場合は、片方の親、または両親によって虐待行為がなされることが多いです。一般的に、アルコール依存症、薬物依存症、金銭的問題、神経症などが関係して、身体的虐待が発生すると言われています。

こちらの記事もお勧めです:幼少期に負った心の傷は大人になっても消えない

児童虐待の影響

心理的虐待

心理的虐待は別の環境や状況で起こります。ただ虐待者が子どもの身近にいる人が多いという共通点はあります。それは両親、祖父母などの保護者や、先生など指導者のこともあります。

心理的虐待は、脅し、からかい、子どもの欠点を非難する、侮辱的な言葉、脅し、洗脳、恐喝など様々な形で子どもを傷付けます。

性的虐待

性的虐待には、前述の身体的虐待と心理的虐待の特徴と同じものが含まれることもあります。しかし性的虐待そのものの事実と、子どもに与える影響はかなり深刻です。

性的虐待の加害者は、大抵子どもが信頼する身近にいる人が多く、家族、親戚、その他子どもと親しい人などが挙げられます。

性的虐待は、子どもの感情面と心理的成長にとても有害です。性的虐待によって、短期間から長期間まで、あらゆる悪影響を子どもに与えます。

その心的外傷の影響は、うつ病、自殺、薬物依存など、心理的疾患を伴うこともある。という研究結果が出ています。

こちらの記事もお勧めです:子供の性被害を防ぐために

育児放棄とネグレクト

この種類の虐待は、両親や保護者が子どもの養育を放棄することです。特に子どもの食事、衛生、医療、安全を確保することを放棄する行動も含まれます。さらに、子どもを実際にどこかに放置してしまう場合もあります。

ネグレクトが起こる状況はいくつかあります。親や保護者が子どもを自宅にほったらかしにして出てしまう、または子どもをどこか他の場所に放置して自立を強制する形がとられます。

育児放棄は、子どもの正常な精神的成長を妨げます。これは直接起こる、身体的影響(栄養失調、医療ネグレクト、養育欠如、不注意事故)に加えて、心理的悪影響もあるということです。

育児放棄とネグレクトは、子どもを有害な環境に追い込み、健全な成長に問題を起こします。

児童虐待は一種類だけで起こらない

以上に挙げた児童虐待の種類は、それだけで起こるものではありません。つまり子どもが虐待の被害を受ける場合、大抵一種類以上の児童虐待にさらされる危険があるのです。

虐待加害者は、複数の危害を与え、被害者を虐待するのです。

児童虐待 と子どもへの影響

児童虐待の子どもへの影響

児童虐待が子どもに与える影響は悪い事ばかりです。前述のように子どもへの虐待は悪意であり、絶対に正当化されてはいけない行為なのです。

幼少期に起こる対人関係は、子どもの成長と幸せに多大な影響を与えるものです。それは子ども時代に、健全で好意的な人間関係を築くことが必須だということになります。

より良い子育てをするために、アタッチメント育児という方法を利用した子育てをお勧めします。

愛情に基づいた子育て法を取り入れて、体罰や暴力などの虐待に陥らないようにしましょう。

アタッチメント育児は、毎日の体験を重視して、人間性を尊重する子育ての考え方です。これは進化生物学、心理学、精神分析学の論理に基づいています。そこで、アタッチメント育児は完璧な育児法と言えるでしょう。

アタッチメント育児では、両親や保護者と赤ちゃんが作り出す感情的な結びつきが重要とされます。この絆によって、子どもは人間の行動バターンについて、情報を収集することができます。

つまり外からの刺激によって、子どもが自分の周りの環境で起こる、様々な出来事に対応していく方法を身に付けます。

児童虐待は、子どもの感受性や問題解決する力を歪めてしまいます。それで児童虐待は、子どもの心理的成長に打撃を与えるのです。

他の人と健全な人間関係を築くことが、虐待被害者にはとても難しいことなのです。

https://youaremom.com/child-abuse-definition-effects/