子どもに自分は特別だと思ってもらうための4つの方法

· 2018年7月31日

子どもを教育し、導いていくことは、親として最も喜ばしい責任と言えます。しかし、時には子どもが自分を特別だと感じているのか不安になってしまうこともあります。

母親は誰でも、全てを子どもに捧げたいと願うものです。ここでは、子どもに自分は特別だと思ってもらうための方法をご紹介します。

これから紹介するような方法を使って、子どもに対する愛情をしっかり表現し、彼らとの絆を深めるよう練習してみましょう。

1.目を合わせる

子どもの話を聞くだけで、充分何が言いたいのかわかると思いがちです。実際には、子どもが自分を特別だと感じるようにするには、きちんと目を合わせるようにすることです。

目を合わせると、親が本当に自分に注目していると気付き、自分が特別だと感じます。もしそう思わなかったとしても、感情面でとても重要なのです。子どもが言ったことに対して、いくつか質問してみるのも良いでしょう。

自分は特別だと思える方法

自分が言っている事やっている事に対して、親がちゃんと聞いてくれていることを子どもは意識します。子どもが何か言いたい事がある時に忙しかったら、少しの間待ってもらい、時間ができ次第話を聞くと伝えましょう。

それにより、子どもは特別だと思うばかりでなく、コミュニケーションの力が伸びます。

まだ子どもが幼くて話ができなければ、目を合わせるのがもっと大事になってきます。子どもが自分の意思を表現しようとしている時に、注意して聞いてあげるのはとても大切です。

遊ぶ時間も食事を与える時間も、目を合わせる絶好の機会になります。

2.子どもと過ごすだけの時間を作る

子どもが特別だと感じるようにするための、もう一つの方法は、何も他の邪魔が入らないようにして、子どもと一緒に過ごす時間を確保することです。一日中でなくても、すべてやるべき事をやめる必要はありません。

少しの時間でも、本気で子どもに集中する時間を作れば充分なのです。

色々な選択があります。

この3つは単に例であって、子どもと一緒にしたいことなら何でも選んでください。

子どもと一緒に時間を過ごす間は、スマホを切って、一緒にやることに集中しましょう。

3.子どもにとって大事なことについて聞いてみる

母親は普段から子どもとよく話をして、考えを伝えたりしている事でしょう。

子どもが特別で大事だと感じるようにする方法は、子どもが心配している事、興味のある事、怖いと思っている事について聞いてみるのです。

ただ単に「今日学校はどうだったの?」と聞いて、「まあまあ。」という返事をもらうだけではなく、もっと掘り下げて聞かなければいけません。

子どもの方から何か聞きたい事があるかどうか、楽しい気持ちでいるかどうか、何か心配な事がないかどうかを尋ねてみましょう。

子どもが自分は特別だと思う

子どもは自分の生活が親にとって大事なのだとわかるようになります。色々な事を話せると感じられるようになります。

子どもが言う事に対して批判的な見方をしないようにすると、その先も子どもが信用してくれるようになります。

子どもが本当にひどい事をしたなら、それは悪い事をしてしまったと説明してあげましょう。

4.子どもが夢中になっていることに興味を持つ

子どもの大好きなぬいぐるみは、私達にとって子ども程の幸せ感をもたらさないものです。でもぬいぐるみに興味を示しましょう。これも子どもが特別と感じる方法の一つです。

子どもが大好きなものと同じものに愛情を示すと、自分も親にとって大事だと感じるようになります。

子どもが新しい砂のお城や、新しい塗り絵の本の話をしていたら、熱心に聞いてあげましょう。子どもが夢中になっている事や好きな事を一緒に楽しむことで、自分は特別と感じて、応援されているような気持ちになれます。

以上の4つの方法を利用して、子どもが毎日特別と感じられるようにしましょう。簡単にできる行動で、コミュニケーションと理解力の向上につながり、子どもが自信を持つようになります。

毎日のほんの少しの時間だけで充分なのです。