母方の祖母が子どもにとって重要な理由とは?

· 2018年8月4日

“母方の祖母”と孫の間にある特別なつながりは驚くようなことではありません。感情の面だけではなく、様々な理由から彼女たちは子どもたちの生活の中でとても重要な人物なのです。

祖父母とたくさんの時間を過ごせる人は多くありません。一緒に住んでなかったりして、彼らのことをほとんど知らないかもしれません。しかし、それでも祖父母との絆は一生ものなのです。

母方の祖母には家族の中で特有の役割を持っています。彼女たちは孫に対してもう父方の祖母よりも直接的な責任を負っていると考えられているのです。

彼女たちの影響力は、彼女たちが与える価値観や教えと共に世代を超えます。

また、母方の祖母は遺伝学的観点からも非常に重要です。では、これについて詳しく見てみましょう。

科学的に私たちと母方の祖母との関係を説明できるのでしょうか?それとも、ただの感情的かつ道徳的な問題なのでしょうか?

科学はどのように”母方の祖母”の重要性を説明する?

チリのエッセイストであるアレハンドロ・ホドロフスキー(Alejandro Jodorowsky)の理論によれば、どんなに母方の祖母に親近感を持っていても、また子どもの頃の思い出に彼女が存在していても、あなたは遺伝子を通してすでに彼女とつながっています。

このアプローチでは、子どもが彼女の影響をどのように受けているかを詳しく見なければなりません。

ミトコンドリア

子どもの母親から渡された遺伝的荷重は、間違いなく彼らの祖母から直接伝わっています。全ての祖父母の中で、彼女が最もこの遺伝に関与している人物なのです。

遺伝子に関しては、必ずしも次の世代に引き継がれるわけではありません。ある世代を飛び越えることもあります。この理由から、ある子どもが両親よりも祖父母によく似る傾向がある場合があります。

おそらく、身体的な類似があるわけではないかもしれませんが、遺伝子レベルでは彼らにはある印があります。時々、ほくろや目、歩き方などにこの遺伝子フットプリントが容易に見られることがあります。

また、骨構造や筋肉、特定の遺伝病などにもそのマーキングが存在します。

もちろん、子ども時代のこととは何の関係もありません。あたかも子どもたちが母方の祖母から学んだことと同じことをするということではなく、それは間違いなく、彼らが血液を通して引き継いだものです。

科学的な説明もあります。この場合、孫はすでに祖母の子宮の中にいたというようなものです。

母親の子宮内に胎児が形成されると、胎児は母親から多くの生体物質を受け取ります。両方の両親が胚の遺伝物質の50%に寄与しますが、成長するためには母親から栄養をもらう必要があるのです。

つまり、父親の関与が終わった後も、母親はまだ関与し続けているという意味です。

文字通りの母方の祖母

DNAに沿って、祖母が何らかの形で孫の形成に参加した場合、彼女の形質は子供に伝えられる可能性があります。

しかし、ホドロフスキーは受け継がれるのは身体的な特徴だけではないと説明しています。間違いなく、母親の祖母の感情的な経験も引き継がれることがあるのです。

あなたの子どもが生まれた卵母細胞は、あなたの母親からの遺伝的荷重を運んでいます。あなたの子どもは全て必然的に同じ遺伝物質を持ちます。これが、次元を超越できる結び付きが何らかの形で形成されている理由です。

母方の祖母 が子どもにとって重要な理由

エッセイストであるホドロフスキーによると、娘が妊娠している間に感じた感情は、彼女と将来の孫にまで伝わったのです。

たとえ世代を飛び越えたとしても、感情的な影響はDNAの中では活発なままです。

私たちが知っているように、ミトコンドリアのDNA情報、つまり母親由来のDNA情報は、胚が形成される瞬間に大きくなります。

父親の精子にはこの種の情報が含まれていないので、父方の祖父母はそれほど大きな役割を果たすことはありません。それにもかかわらず、ある遺伝学研究は父親のDNAの方が遺伝形質との関係ではるかに支配的であることを示しています。

同じように、むしろ感情的な観点から、ほとんどの場合、母方の祖母の方が妊娠、出産、そして孫の育児にはるかに大きく関わっています。ほとんどの人は、この人物の重要性を否定できません。

私たちは正確に何が祖母から引き継がれているのか分からないかもしれませんが、私たちの生活における彼らの存在には否定できない価値があるのです。

pinterest.comの厚意による注目の画像