言語習得を発達させる方法とは?

2018年7月13日

言語習得を発達させることは、気づいていないかもしれませんが、全ての親がやっていることです。お子さんが言語習得に必要な能力を持っている限り、だんだんと、しかし確実にこのプロセスは自然に進んでいくのです。

しかし、やり方を知っていれば、言語習得が良好に進むよう手助けをすることができます。

言語習得は、人間の言語はプロセスと表すことができます。思考から生まれ、感覚を通して受け取った情報に言語的な質を持たせるということです。

結果として、ほとんどの人が生まれながらに母国語を習得する能力を完全に持っています。言語には様々な側面がありますが、一般的には発言を通して人はコミュニケーションをとります。

周りの人が共通で使う言葉を用いてコミュニケーションをとるのを学ぶことは、私たちが生まれて最初の数年で直面する課題です。しかし、話すことは何年もかけて発達し、それは思春期の頃まで続くのです。

つまり、私たちはまず言語システムの基礎的な要素をつかむと言えます。意味に疑問を持ったり、言葉について考え始めるのはもっと後になってからなのです。

言語習得の過程

言語習得の要素

言語習得の過程は、3つの基礎的な要素に分けることができます。形、内容、利用の3つです。子どもの言語習得の段階に親が気づいてあげられると、このプロセスにもっと意識的に参加することができるでしょう。

これは特定するのが最も難しい要素の一つです。なぜなら、完全に曖昧なものだからです。しかし、生まれてから5歳か6歳までに発達するものだということは解明されています。

もし子どもが言語の形を自分のものにしようとしている段階なら、同じ文法のつながりや音、音節や言葉を気づかせてあげるのが専門家によって推奨されています。

内容

この概念があるということは、子どもが音や音のつながりを理解し終えているということを意味します。この段階に達すると、10代になる前の子どもは、辞書的な範囲の意味はほとんどわかるようになっています。それは見たり聞いたりする言葉の意味はほとんどわかるということです。

3段階で言葉を習得していきます

利用

この要素は、発達するのに時間がかかります。辞書の用法に適した使用ができるようになるには、発展した意味の知識が必要になります。語用論を習得すれば、間接的な言葉の形、例えば皮肉やユーモア、2通りの意味を持つ表現などを理解する準備ができます。

これにより子どもはそれぞれの表現を適切に使えているか判断し、状況に合わせて言葉を適応させることができるようになります。

言語習得に私たちはどう貢献できるか

形、内容、利用を分けて説明してきましたが、それぞれのステージでこれらは互いに重なり合っています。これらの段階で手助けしてあげるためには、どれかを飛ばしたり早く進みすぎることはお勧めしません。

しかし、お子さんの認知能力を発達させるのにお子さんが利用できそうな情報は使っていきましょう。

言語習得を助けるためにできること

言語習得の発達

  • お子さんに常に話しかけましょう。お子さんとのコミュニケーションが、長期的に発達の助けになります。
  • 適切な声のトーンを使いましょう。うるさすぎず静かすぎず、明るく表現豊かで、感嘆や疑問も入れましょう。
  • 身振りを混ぜ、お子さんが見ているのを確かめましょう。こうすると、あなたが使う表現や言葉をお子さんも使い始めます。口の動きに注意して、音を繰り返しやすいようにしましょう。
  • お子さんが最初の音を発したら、それに反応し、繰り返し、会話をしてあげることが重要です。
  • お話を読んであげることも、お子さんが言葉の形に気が付き、内容の準備をするのに良い方法です。
  • お子さんが言葉を発するのをまだ聞いたことがなくても、お子さんは聞こえていることを理解しています。あなたがシンプルな表現を使うときは特にそうです。今は子どもにメッセージを送り、ボキャブラリーを教えてあげるときなのです。
  • お子さんが自分のまわりに見えるものを説明してあげることは決して悪いことではありません。もしあなたのまわりでおもしろいものを見たら、それについての情報を与えてあげましょう。
  • 私たちの環境と関係づけ、話しを聞き、反応すること、これらすべてが話すことの質を上げることに役立ちます。上手に間違いを正してあげましょう。これらはすべて、言語習得を進める上ですぐに役立つツールです。
あなたへおすすめ