月の周期と出産はどのように関係している?科学的根拠は?

· 2019年3月24日
月が海、そして人間の脳にまで影響を与えるという話を耳にしたことがあるでしょうか?。何か妊娠に関する決定をする時にも、月の周期を考慮する方が少なからずいます。

月と出産の間には何か関係があるのでしょうか?この議論に関しては様々な理論があります。衛星が私たち人間の体や環境にどのように影響するかを分析する研究者がいますし、もちろん妊娠もその研究対象です。

昔の人々は、月周期と月経を関連付けて考えてきました。なぜなら、どちらも同じ28日間だからです。具体的には、排卵は満月、月経は新月と関連するのではないかと考えられています。一方で、逆のサイクルをもつ女性を魔女と見なしました。

実際に、満月の期間にはより多くの赤ちゃんが誕生します。これは偶然なのでしょうか?また、満月期間の出産は安産になるという話もあります。しかし、月がこういった現象と関連することを証明する科学的根拠はありません。

なぜ多くの人々が月と出産に関係があると考えるのか?

アイザックニュートンが1687年に重力の理論を発表してから、我々は月と太陽がどのような重力構造であるかを理解できるようになりました。重力は体内の水分に影響を与えることがわかったのです。その遥か昔から、古代の人々は月周期と潮汐を結びつけて考えていました。この推測が正しいと証明される結果となったのです。

今では重力の関係上、月周期が海に影響を与えるということは常識です。では、身体の60%以上が水分の人間もその影響を受けるのでしょうか?赤ちゃんを育む子宮内羊水にも何か影響があるのでしょうか?

未だに答えは出ていません。つまり、月の人体への影響を否定することはできません。

妊娠 月 出産 月の周期 関係

歴史は証明している

看護師の方や助産師さんはご存知かと思いますが、赤ちゃんの誕生の月周期に応じて出産にはいくつかの特徴があります。それ故に、看護師さんや、助産師さん、赤ちゃんを取り上げる仕事をされている方には月と出産には関係があると考えている方が多いです。

中には、月が赤ちゃんの性別に影響を与えると考える方もいます。もちろん、この話を証明するの十分な根拠はありません。それどころか、月周期と出産の関連性を証明することも難しいでしょう。

月周期に応じた出生の特徴

月周期は出産にいくつかの点で影響を与えるとい話があります。以下に紹介します。

下弦の月

この時期には、羊膜に問題が起きやすく、出産の件数は減少し、出産も通常より大変だと言われます。

場合によっては胎児の姿勢が悪く、難産になるかもしれません。

「満月の期間には、赤ちゃんが通常より多く誕生します。これは偶然でしょうか?」

上弦の月

この周期には、帝王切開が増加します。しかし、合併症の可能性は少なく、多くの場合は安産であると言われています。

満月

月周期と出産との関連性を信じる方は、この時期には通常より多くの赤ちゃんが誕生すると語ります。 帝王切開が比較的少く、この時期に出産を迎える方の妊娠期間はぴったり9ヶ月間の場合が多いそうです。

月と出産 月 出産 月の周期 関係

新月

出産に携わる方は、この時期の出産は非常にスムーズだと感じるようです。この時期には、母親の陣痛もスムーズに進みます。合併症のない自然分娩が期待できます。

母親が陣痛に備える間もないほど、分娩が早く終わる場合もあるそうです。この件に関する議論や意見が非常に興味深いことは言うまでもありません。しかし、月が出産に影響するという統計的な根拠は未だにありません。

したがって、ここまで紹介させていただいたお話はあくまで仮説にすぎません。科学的研究や根拠がいつか発表されるかもしれません。

月周期と主さんの関係性は、多くの方が興味を抱く話です。実際に、この関係を考慮しながら、家族計画を立てる方もいらっしゃるかもしれません。