産後用ガードルはオススメか?

2018年6月13日

産後用ガードルは非常に人気が高くなっていますが、その効果に疑問を持つ人もいます。

出産前のスタイルを取り戻すためにガードルを欲する女性が多いようです。

産後用ガードルは、妊娠後にのダイエットを目的として購入されることが多いようです。しかし、これは効果的なのでしょうか?

妊娠中は、子宮のサイズがかなり大きくなり、腹部の筋肉や皮膚が弛みます。

出産を終えると、子宮は元のサイズに戻ります。

しかし、腹筋は、女性が期待する速さでは元に戻りません。

それでも、母親はは赤ちゃんと幸せな生活に向かって歩みを進めるでしょう。

しばしば、女性はかわいい我が子と出産前の体型の両方を手に入れようとします。

その結果、母親は、ダイエット、サプリメント、運動など、さまざまな減量方法に走ります。しかし、これらは出産前の体型を取り戻すための選択肢のほんの一部に過ぎません。

昔の姿を取り戻したい焦燥感は時間の経過に伴って増加します。焦りから女性は産後ガードルを使ってみるのかもしれません。

この記事では、この選択肢をが正しいのか、間違っているのかを評価します。

産後用ガードル

産後用ガードルは、母親の体を成形するように設計されています。さまざまな形、色、素材が用意されています。

ウエストを調整するためにガードルを探している場合は、チューブガードルをお勧めします。ショーツのような形のガードルは、太もも、臀部および下腹部を成形するのに役立ちます。

素材的には、綿とその他のマイクロファイバー製のものがあります。中にはビロード布地を使って作られているものもあります。これは皮膚の刺激を抑える効果があります。多くのガードルはサイズ調節が可能です。

マイクロファイバーから作られたガードルは柔軟性があります。また、発汗を抑える効果もあります。

産後ガードル2

産後用ガードルはいつ使うべきか?

出産直後には使用してはいけません。自然出産後、数日置いてからガードルを使用することを推奨します。

腹部の筋肉がより解剖学的位置に近いため、母親が主産後40日間以内に使用することをお勧めします。

産後用ガードルは、背中を補強し、出産直後の母親の姿勢も改善する。母親の内面も、外見にも良い作用を与えることができます。

管状の産後用ガードルは、自然出産した女性におすすめです。彼らは股関節の可動域を制限しないため、より快適に座ることができます。

帝王切開の場合、産後ガードルを使用するべきかどうか議論の余地があります。

専門家の中には、治癒を助け、炎症を軽減するためにガードルを使用すべきという人もいますが、帝王切開傷が完全に治癒するまでガードルを使用すべきではないとの考えもあります。

ガードルの使用はあなたの体形を回復する唯一の選択肢ではないことに注意してください。設定した時間内に目的を達成するには適度な運動と、健康的な食事を取り入れてみると良いかもしれません。

“産後用ガードルは、産後の身体を成形するように設計されています。多くの異なるモデル、色、素材があります。”

産後用ガードルの利点

  • 彼らは歩くいたり、座っている間、正しい姿勢作って、維持します。
  • ガードルは筋肉や臓器を素早く自然に回復させます。
  • 健康的な姿に貢献する
  • 素材によるが、快適で、肌触りの良いものがある
  • 腹部の産後特有の不快感を軽減する
  • 痛みを和らげるのに役立つ
産後ガードル3

産後ガードルの欠点

  • 長期間ガードルを使用すると、筋肉が正常に機能しなくなることがあります。
  • また、アレルギー反応を引き起こし、治癒を遅らせる可能性もあります。

ガードルは奇跡を起こすわけではない。あくまで、妊娠前の母親によって決まります。女性の食生活や運動の頻度によっても効果は変わります。

産後用ガードルの使用に関するアドバイス

産後用ガードルを使用する前に医師に相談してください。医師との相談の中でどのようなタイプのガードルが自分に合うのかを決めてください。

使用頻度はゆっくりと増やすべきです。推奨される、使用時間や、使用頻度は女性によって違います。使用の間に休息日を取ることが重要です。

丁度良いサイズを選ぶために、ウエスト測定をしてみてください。小さすぎるガードルを選ばないように注意してください。逆に不快感を与え、見栄えも良くありません。

適度な運動と脂肪が少なく、ビタミンやタンパク質が豊富な健康的な食事は、筋肉を強化するのに役立つ素晴らしい方法です。

あなたへおすすめ