妊娠線ができないようにする方法

· 2018年8月1日

妊娠線とは、妊娠中に肌の表面にできる跡のことです。一般的に、お腹、お尻、胸や太ももなど脂肪が集まっているところにできます。

妊娠線ができないようにするにはどうしたらいいのだろうと、将来お母さんになる人達は考えることがあるでしょう。この妊娠線は非常にできやすい症状の一つなのです。

実際、たいていの女性が最初の妊娠で妊娠線に悩まされます。肌が激しく引き伸ばされることやホルモンの変化のせいです。

一般的に、妊娠線は妊娠中期から現れ始め、妊娠の終わりにかけてより多くなってきます。

これは傷に似ており、完全に消すことは不可能だということを知っておきましょう。しかし、色やサイズをできるだけ目立たなくすることはできます。

妊娠線ができないようにするための7つのアドバイス

妊娠線の出現については予防が基本的な武器となります。つまり肌の柔軟性を保つためにしっかりとケアしてあげなければならないのです。

これは妊娠中には特に行わなければならないことです。ホルモンの変化と体重増加が起こりやすい時期だからです。また、妊娠中に妊娠線ができないようにするために、以下のアドバイスに従うことをお勧めします。

1.毎日肌を潤しましょう

最初のアドバイスは、肌に柔軟性と潤いを与えるクリームやオイルを塗ることです。こういったものを身体中に定期的に塗らなければなりません。妊娠線ができている所は特に気を付けましょう。

妊娠した最初の月からその後授乳中でさえもこれを続けることをお勧めします。

最も適したオイルはベジタブルオイルが豊富に含まれるものです。また、スイートアーモンドオイルやホホバ、シアバター、アボカド、小麦胚芽やオリーブオイルなどもおすすめです。

予防が大事

2.自分の体重に気を付けましょう

体重が増えれば増えるほど、妊娠線はできやすくなります。あなたの肌が引き伸ばされるほど、弾性繊維が壊れてしまうからです。妊娠中にサイズが大きくなる部位においては特にそうです。例としてはお腹、お尻、胸などです。

3.水をたくさん飲みましょう

妊娠中に妊娠線ができないようにするためには、身体に十分水分を補給してあげることが欠かせません。柔軟な肌を持ちたいと思っている未来のお母さんは、一日目標6~8カップの水を飲みましょう。

もちろん、お茶や野菜ジュースなどを飲んでも構いません。しかし、カフェインの入っているお茶やコーヒー、甘いソーダなどは避けましょう。フルーツジュースは身体にビタミンを与えてくれますが、砂糖がたくさん入っているものは制限した方がいいでしょう。

4.ヘルシーな食事をしましょう

ところで、妊娠線をできなくする食べ物というものはありません。しかし、食べ物の中にはあなたの肌の若さと柔軟性を保護するのに必要なビタミンが含まれているものがあります。

このような食べ物は、ビタミンCやEなどの抗酸化物質に富んでいるものです。これはキウイ、レタス、コショウ、オレンジ、レモン、グレープフルーツ、メロン、パイナップル、トマト、豆類、ベジタブルオイルや動物性たんぱく質などの果物や野菜に含まれています。

妊娠線の出現については予防が基本的な武器となります。つまり肌の柔軟性を保つためにしっかりとケアしてあげなければならないのです。

5.たくさん動きましょう

かかりつけの婦人科医や専門家が許可している運動のみを行うようにしてください。スポーツから普通得られる利益に加えて、身体的活動は妊娠線と闘うことにも役立つことを知っておいてください。筋肉を鍛え、肌をよくサポートしてくれるからです。

6.優しくなでてあげましょう

まず妊娠線と闘い予防するための最初のステップは、角質の剥離です。ですので、ボディーソープを角質除去の効能がややあるものに変えることをお勧めします。角質を除去すると、新しい細胞を再び作ることになり、肌を強くすることができるのです。

角質除去で肌を強くする

7.日に当たるのは避けましょう

一般的に、妊娠中は日に当たるのを控えた方がいいです。妊娠線ができているなら、さらにその跡が目立ってしまうので日に当てることは避けましょう。

妊娠中に妊娠線ができないようにしたいなら、忍耐強く、そして何より自分の身体が経験するかもしれない変化に立ち向かい、それを受け入れる心の準備を常にしておきましょう。

良い結果を得るためには忍耐が必要不可欠だということを忘れてはいけません。こういったお手入れをお肌に一回すれば十分ということはないでしょう。しかし、最も大切なのは、妊娠線が出る前に予防するということです。