妊娠中に生理はくるの?出血の原因とは?

· 2019年3月21日
妊娠中に何らかの膣出血を経験した場合は、直ちに医師に相談してください。 妊娠中に生理がくることはありません。 この問題について詳しく見ていきましょう。

まず妊娠中に生理が来ることはありません。 しかし妊娠第1期で生理と似た出血を経験する女性もいるようです。 これが起こったとき、何をするべきでしょうか?

一般的に、これは妊娠初期出血として知られています。 これはホルモンの変化によって引き起こされる現象です。 ただし、血液量は通常の生理とは異なります。

さらに、出血量は、軽い斑点からしたある程度継続した出血までさまざまです。

妊娠中に生理はくるの?

妊娠初期の女性は不規則な出血をすることがありますが、それは生理ではありません。確かに、月経が始まる頃に起こるので、生理と間違える女性もいるでしょう。

妊娠中に起こる不規則な出血やしみは通常、濃い茶色または淡いピンク色です。 また、ナプキンやタンポンをいっぱいにするほど出血はないはずです。

 

妊娠中の出血原因

妊娠中に出血を引き起こすいくつかの原因を以下にまとめました。

  1. 着床出血

    受精卵が子宮に着床すると、着床出血が起こる場合があります。 卵が子宮の壁にくっつくと、壁の一部が剥がれるのです。 一般的に、このタイプの出血は、淡褐色、ピンク色または赤色です。

    お腹を抱える女性 妊娠中 生理 出血
  2. 避妊薬使用後の妊娠避妊薬を飲んだ後は不規則な生理周期になることがあります。 服用を中止して妊娠した場合は、ホルモンの変化により断続的な出血する可能性があります。また、避妊薬の服用を中止した直後に妊娠すると断続的な出血なのか、生理で出血しているのかがわかりにくくなります
  3.  異所性妊娠

    時々受精卵が子宮外で着床することがあります。 これは通常、卵管または子宮頸管で発生します。

    これが起こると、細胞が成長し始めるため痛みと出血を引き起こします。 赤い血が出て非常に強い痛みを伴うでしょう。

    治療しないでおくと、将来妊娠できる可能性に影響が出るかもしれません。 したがって、直ちに医療援助を受けることが非常に重要です。

    妊娠中の出血は必ずしも問題があるという意味ではありません。

  4. 臼歯妊娠

    臼歯妊娠は、受精卵が異常に成長し、胎盤が良性腫瘍のように嚢胞の塊になるときに起こります。これは通常胎盤に発生する細胞ですが、栄養膜の異常な成長が特徴的です。

    残念ながら、これは妊娠が成功しない原因となる可能性があります。あなたの生殖器系への損傷を防ぐために直ちに医療処置が必要になります。

  5.  ホルモンの変化

    あなたのプロゲステロンレベルが出血を招いている可能性もあります。 通常、妊娠中はプロゲステロンレベルが増加し生理を止めます。

    ただし特に妊娠の初期段階では、生理を完全に止めるほど十分にプロゲステロンレベルが上昇しないこともあります。 したがって、まだ少し出血をする可能性があるでしょう。

    妊娠女性の検査 妊娠中 生理 出血
  6. 流産

    出血は流産の初期の兆候である可能性もあります。 他の原因と同じように、流産はしばしば軽い斑点から始まります。

妊娠中の出血は、必ずしも問題があるとは限らないことにも留意してください。 しかし、それが懸念材料になる可能性もあります。 いずれにせよ、妊娠中に出血した場合は、すぐに医師に相談してください。

最後に、妊娠中に女性が出血する理由はたくさんあります。 しかし、妊娠中に生理が起きることは不可能です。 ほとんどの女性は妊娠中に出血を経験することはありません。