母親になることは選択であって母性本能は嘘である

2018年7月25日

母性は、子どもを保護しケアするために女性を突き動かす本能であると考えられています。しかし、一部の女性にとって、母性本能とは嘘なのです。

本能か選択か?

母親は当然、子供の世話と保護する方法を知っています。これらの言葉は、母性本能として知られている概念を要約したものではないでしょうか。しかし、毎日私たちはこの崇高な信念からかけ離れたいくつもの行動を取ってしまいます。母性本能を嘘に変えるのです。私たちはあくまで「母親の選択」と信じています。

文化的には、ほとんどの女性はパートナーを見つけて、結婚し、出産するように教育されています。しかし、今日では、自分たちの運命を自分たちの手にした女性もいます。いろいろな理由から、彼らはこの重要な「役割」に殉ずる十分な動機や気質、時間がないのです。

母親になるためには、赤ちゃんの面倒を見て、愛し、厳しい労働を引き受けることができるある程度の情緒的成熟があったほうが良いでしょう。

本人がもつ母性に対する価値観、そして彼女の母親とパートナとの関係によっては、母性の体験は幸にも、逆に犠牲と争いの元になる可能性があります。

経験、感情、教育、社会環境は、母親になるかどうかの女性の決定に影響を与える要因でもあります。

母性2

子供を持つ決定は、母親が自ら下さなければなりません。この決定を下すには、母性の意味を理解することが重要です。この認識は、赤ちゃんの将来にとっての基礎となるものです。

女性や母親としての自分の期待に応えるために、私たちが望む、明確な計画を立てることは非常に重要です。

いくつかの女性は母性を抱く前に安定した経済基盤を得ることを好みます。経済的保障があれば、子どもの世話を助けてくれる人を雇い、自身のキャリア形成を続け、出世を目指すことができます。

他の女性にとっては母親になることが最優先事項です。彼らは、赤ちゃんが生れる瞬間から自然に子供を世話し、保護するというある種の仕事に取り組んでいます。

家族とパートナーのサポートは非​​常に重要です。彼らは、子どもに良い始まりを与えるための感情的なツールと経済的支援を提供するのに役立ちます。

母親になる前に覚えておくべきポイント

母親であることは、ユニークで喜ばしい経験です。人生で母になるための完璧なタイミングはありません。しかし、責任を持って決定を下すためには、経済的安定を確保し、いくつかの要因を考慮することが望ましいです。

  • パートナーの意見に配慮すべきです。関係が良好な時期であることを確認してください。パートナーもまた子供を持ちたいか?
  • 理想的な出産年齢は18歳から22歳であると言われていますが、母親になることを決めた女性は、子供を世話する能力と十分な資質があります。
  • 専門医者に相談することは、母親になる前に取るべき最も重要な項目の1つです。
  • 子供を持つことを検討する前に、赤ちゃんの健康に悪影響があると考えられる悪習慣を避けておくことが重要です。例をあげれば、喫煙、飲酒、脂肪や砂糖の多い食生活などがそうでしょう。

アドバイス

母親になる決定をするためのアドバイス:

  • 何人の子供が欲しいのか。また、いつ欲しいのかを考えてください。
  • あなたはパートナーの気持ちを知るためにも、相談するべきです。準備が整っているかどうかを確認し、子供の世話などを協力するための条件が揃っているかを確認します。
母性3

  • 子供をもつと決めた独身の女性の場合、事前にお金を用意することを検討してください。予期しない事態が発生した場合に役立ちます。
  • あなたが良い母親になる能力がないと考えていて、それでも赤ちゃんを望む場合には恐怖や疑問をどう処理するのかを、専門家に相談してください。

最も重要なことは、とても大切な人生の決定であることを意識するということです。また、意欲的に心を開いている必要があります。そうすることで、愛と献身をもって子供たちを育てることできるでしょう。

あなたへおすすめ