2回目の妊娠について

2018年7月5日

妊娠は毎回違いますが、たいていは最初の妊娠の方が無意識に取り上げられます。どんな経験をしたかにもよりますが、私たちはそこからポジティブな面を引き出し、2回目の妊娠が安全に進み、赤ちゃんが健康に生まれるようにするべきです。

もしも最初の妊娠が普通だったなら、ほとんどの場合2回目も安心して落ち着くことができるでしょう。しかしだからといって、自分の健康をないがしろにしていいということではありません。

最初の妊娠と全く同じように、運動し、きちんと食べ、水分と睡眠を適切にとり、赤ちゃんが予定通り健康そのもので生まれてくるようにしなければなりません。

2回目の妊娠はとても疲れることもあります。最初の赤ちゃんがまだ小さい場合は特にそうです。赤ちゃんの誕生のために必要な細かいことすべてに気が回るようにしつつ、お子さんが家族の一員になっていく手伝いを怠らないというバランスを維持しなければならないのです。

ストレスをかかえるべきではない理由

もし最初の妊娠が合併症を伴ったりトラウマになるようなものだったとしたら、不安に感じるかもしれません。しかし、お母さんが落ち着いていることがまだ見ぬ赤ちゃんの発達のためには大切です。

ストレスによって不眠症や、食事が食べられなくなったり食べすぎてしまうような不安な気持ちを引き起こしたり、急なうつ病になってしまうこともあります。

ストレスがあると、赤ちゃんが未熟児になってしまったり、お母さんの健康にも影響が出かねません。そのため、私たち母親の心のバランスがとれいていればいるほど、合併症などの心配のない出産ができるのです。

2回目の妊娠もリラックスして

感情のコントロール

以前の妊娠で問題があったなら、2回目の妊娠で不安を感じ、心配になるのは普通ですし、そうならないのはほとんど不可能です。ですので、医療の、または心理的なアドバイスを求めることがおすすめです。

こういったことをしっかり考えないと不安が長引くこともあります。どうしたらいいか質問があるなら、信頼できる友達や家族にこのことについての意見を聞いたりすることで、プロの助けを借りてみようという気になるかもしれません。

プロの助けによって、心の平穏を得るために必要なツールやおすすめの方法がわかり、妊娠前、妊娠中、出産後も健康で幸福でいるにはどうすればいいかわかるでしょう。

プロのアドバイスを実行すれば、平和な心をキープでき、きっと家族の環境にも調和をもたらすことができるでしょう。

プロに頼ることも時には必要

出産の準備

一般的には2回目の妊娠は速く過ぎるように感じるそうです。そのため、最初の赤ちゃんのときにしたのと同様に注意して準備をしておかなければならないのです。

ぎりぎりになって、必要なものがそろっていないとか間に合わないということでストレスを感じないようにするためには、リストを作ってどんな些細なことも見逃さないようにしましょう。

赤ちゃんの誕生に関する活動を日ごろすることで、その誕生に備えてすべてを準備することができるでしょう。やらなければならないタスクがなくなったら、出生前刺激を与えてあげることで生まれてくる赤ちゃんに数えきれない恩恵を与えることができます。

2回目の妊娠では、お腹が大きくなるのも速く、見た目もずっとわかりやすくなります。つわりは1回目ほど頻繁でないかもしれませんが、尿漏れが起こりやすくなるかもしれません。

妊娠中の健康

最初の妊娠では骨盤の関節が痛くなったかもしれません。2回目では、関節への圧力が高まるため、妊娠の最後の数週間は特に姿勢に気を付けることが大切です。

もしも最初の妊娠で医療的問題があって、今は別の専門家に診てもらっている場合は、必ず最初の妊娠での情報や診断を伝えて、気を付けた方がいいことを知らせ、問題が起こらないようにしなければなりません。

妊娠中毒症が起こる可能性なんてないだろうと思っていても、血圧を調べてもらうために検診には全て行きましょう。尿検査をしてもらい、頭痛やわき腹の痛みなど不快感があるところを伝えることも必要になるかもしれません。

なにか問題がある場合は、産婦人科に連絡を取り、必要な薬などについてのアドバイスを必ず受けてください。

あなたへおすすめ