新生児黄疸の意味と治療法は?

· 2018年5月23日
赤ちゃんの皮膚や目、粘液が黄色がかっている場合は黄疸のサインかもしれません。

通常、新生児黄疸が重大な合併症を引き起こすことはありませんが、親は黄疸を正しく対処するために、それが何なのか、そしてなぜ起こるのかを知っておくべきです。

黄疸は血液中の過剰なビリルビンが原因です。皮膚や目、粘液の黄色がかった色が特徴です。ビリルビンは血流内に存在するので、簡単かつ迅速に体中に広がります。

新生児黄疸はビリルビン(ヘモグロビン分泌物)が肝臓内で分解されなかったり、子どもの老廃物の中で通常通りに廃棄されなかったりした場合に発症します。

これがこの病気特有の黄色色素沈着の理由です。

患者の黄色は肝臓内の何かが正常に機能していないことを示しています。

赤ちゃんや小さな子どもの多くは、肝臓がまだ十分に成熟していないため、新生児黄疸に苦しむことがあります。つまり、肝臓が正しく老廃物を除去できないのです。

ホームテスト

赤ちゃんに黄疸があるかどうかを確認するには、鼻や額を指で優しく押してみてください。

指を離したときも皮膚が黄色であれば、黄疸の軽い症状である可能性があります。

そうでなければ、押した直後の皮膚の色は通常よりも薄くなるはずです。

新生児黄疸の種類は?

新生児黄疸には2種類あります。どちらも害はありませんが、子どもを注意深く観察しなければなりません。

  1. 栄養に基づく黄疸。この種類の黄疸は生後1週間に現れ、赤ちゃんが十分に食事をしないために発症する可能性があります。
  • 母親の母乳生産が遅れている可能性もあります。新生児に毎日10〜12回授乳させ、十分な母乳を与えることが重要です。
  1. 母乳による黄疸。母乳を構成する特定の物質はビリルビンを分解する特定のタンパク質を阻害することがあります。
  • 担当の小児科医はビリルビン値を下げるために母乳による授乳を1,2日間中断することを勧めるかもしれません。医師の指示の下でのみ母乳による授乳を中断してください。
  • 中断する場合は、粉ミルクで代用しましょう。指示された期間が経過したら、母乳による授乳に戻すことができます。子どもが哺乳瓶を使っている間の母乳生産を維持するために、搾乳器を使用しても構いません。
新生児黄疸

より重篤なサインおよび症状

新生児黄疸が重篤な場合は、母親の血液と赤ちゃんの血液に不適合性が認められることがあります。しかし、これは一般的ではありません。

そのため、産婦人科医は妊娠中の母親に血液型を尋ねるのです。母親の血液型を知ることは、産婦人科医が血液型不適合によって引き起こされる可能性がある合併症を予見し、必要な予防措置を講じることに役立っています。

しかし、次に挙げた症状に気が付いた場合は、小児科医の診察を受けてください。

  1. 赤ちゃんの皮膚、特に腹部や腕、脚がどんどん黄色くなる。
  2. 赤ちゃんが病気のように見え、なかなか目覚めない。
  3. 赤ちゃんの泣き声が非常に甲高い。
  4. 出血。
  5. 肝炎。
  6. 発熱と嘔吐。
  7. 赤ちゃんが常に上を見ている。
  8. 赤ちゃんが非常に不安そうに見える。
親の手を握る赤ちゃんの手

原因

母親と赤ちゃんの血液の不適合性に加えて、黄疸は次の原因による場合もあります。

  • 早産。
  • 鉗子分娩。
  • 異型血液細胞。
  • 酵素不足。
  • 低酸素症。
  • ルベラ、梅毒などの先天性感染症。
  • 敗血症として知られる赤ちゃんの血液感染。

治療法

赤ちゃんが黄疸を克服するのを助けるさまざまな治療法があります。自宅で行えるものもあれば、医師の診察が必要なものもあります。

  • 日光浴。この治療法は、午前9時から午後4時の間、赤ちゃんを日光にさらします。必ず、赤ちゃんの目や性器を覆い、常に赤ちゃんのポジションを変えてください。
  • 定期的に赤ちゃんの血液中のビリルビン値を確認する。
  • 光線療法。光線療法は、目が覆われた状態で保育器に入っている赤ちゃんに青い光を当てます。この治療法を行うためには入院が必要です。
  • 食事。もう一つの方法は、十分な母乳や粉ミルクを赤ちゃんに与えることです。これにより、赤ちゃんの排尿や排便が促され、老廃物を取り除くことができるのです。