疝痛を和らげる方法

2018年7月3日
すべての幼児が疝痛に苦しむわけではありませんが、多くはその不快感を経験します。そして、親はその痛みを緩和する方法を知る必要があります。

赤ちゃんの疝痛とガスを軽減するにはどうすればよいのか?毎日、かなりの割合の母親がこの疑問を抱えており、あなたもその内の一人かもしれません。

ありがたいことに、子どもたちを苦しめる他の多くの病気とは違い、疝痛はと簡単なテクニックを用いて治療することが可能です。

今日は、疝痛の症状からあなたの子どもを救済する方法をご紹介します。

疝痛とは?

まず最初に知っておくべきことは、新生児の疝痛は痛みを伴う腹部収縮であるということです。

通常、この収縮は生後12週間に発症し、2〜3時間続くこともあり、疝痛は夕方によく起こります。

横になって泣く赤ちゃん

赤ちゃんに疝痛があるかどうかを知るには?

疝痛を伴う赤ちゃんは、痛みが始まるとすぐに明確な症状を示します:

  • 激しく泣く。拳を握りしめて赤くなる。落ち着かせようとしても落ち着かない。
  • 不安な夢を見る。眠れず、眠ってもすぐに泣いて起きてしまう。
  • お腹が硬くなる

新生児が上記の症状のいずれかを示していることに気が付いたら、おそらく疝痛に苦しんでいます。

痛みを和らげる方法は?

最も効果的な治療法の1つは、母親の温かさと愛情です。

子どもが疝痛に苦しんでいる場合は、抱き上げて、キスをして、撫でて、歌を聞かせて、優しい口調で話しかけましょう。

そして、以下のヒントに従ってください:

  • 子どもを抱き上げて、直立姿勢になるように子どもの頭をあなたの肩や胸に置きます。これが腹部に溜まったガスを軽減する最適なポジションです。
  • 疝痛を伴う赤ちゃんの一部は、授乳時に授乳を嫌がることがあります。一方で、他の赤ちゃんは、肌と肌の触れ合いがとても有益だと分かり、十分な量の母乳を飲みます。あなたの子どもに当てはまるかどうか確かめてください。
  • 子どもが入浴好きであれば、お風呂は疝痛を和らげる良い方法となり得ます。ルーチンは変更しないでください。子どもを温水で洗って、子どもが快適かどうか確かめてください。
  • 子どもが静けさと騒々しさのどちらを好むか判断してください。静けさを好むのであれば、痛みを感じているときは静かな環境にしてあげましょう。騒々しさを好むのであれば、洗濯機や冷蔵庫の騒音が役に立ちます。
  • 反応を観察しながら、優しく赤ちゃんの腹部をマッサージしてください。赤ちゃんを傷付ける恐れがあるときは、うつぶせに横にさせましょう。もう1つの推奨されるテクニックは、 「自転車に乗ること」です。交互に片足ずつお腹まで優しく持ってきてください。
  • 他の母親がどれだけ勧めても、赤ちゃんに薬やサプリメントは一切与えないでください。赤ちゃんはあなたの母乳だけあれば生きて成長することができることを忘れないでください。担当の小児科医にそれ以上のものを処方させましょう。
  • 赤ちゃんは授乳中に空気を一緒に飲み込むため、授乳後はすぐにゲップさせてください。赤ちゃんをあなたの胸と肩に当て、ゲップするのを感じるまで、背中の下部をさすりましょう。
  • 家中を移動させて、新鮮な空気がある屋外にに連れ出してください。車に乗せても構いません。多くの赤ちゃんは動くことで落ち着きます。
頭を抱えて眠る赤ちゃん

疝痛を和らげる方法は?

お気づきかもしれませんが、特別なテクニックを学ぶ必要はありません。赤ちゃんに注意を払い、赤ちゃんが困難な瞬間を乗り切るまで助けてあげてください。

子どもが落ち着かない場合は、同じ姿勢のまま放置してはいけません。仰向けにしたり、直立させたり、頭を支えて抱いたりを交互に行ってください。

これらの異なる瞬間が、疝痛に起因する不快感を和らげるのに役立つのです。

あなたへおすすめ