妊娠線とはなにか?消すにはどうしたらいいの?

· 2018年6月29日
女性は妊娠中にたくさんの変化を経験し、出産した後自分の身体がどうなるか不安になることがよくあります。ですので、赤ちゃんが生まれてから妊娠線をどう消せばよいかアドバイスをしたいと思います。

妊娠によって残る妊娠線は、女性にとっては大きな不安材料ですよね。皮膚に亀裂ができるのは妊娠によってのみではありませんが、たぶん妊娠によってできることが一番多いでしょう。この線はほとんどがお腹にできますが、太ももやお尻、腰、腕や胸にもできることもあります。

つまりは、妊娠中にサイズが変わった身体の部位にできるのです。この変化によって皮膚が伸び、妊娠線ができてしまうのです。

妊娠線ができることに最も深くかかわっている要因の一つは、妊娠中の体重増加です。つまり妊娠中に体重が増えれば増えるほど、妊娠線ができる確率も上がるということです。

妊娠して妊娠線ができるかどうかは、遺伝も大きな要因の一つです。同様に、代謝やホルモンもそうです。

こういった要素は自分でコントロールできるものではないので、妊娠線ができないようにするため、またはできるだけ少なくするために何ができるかを学ぶことに集中しましょう。

妊娠線とは正確には何?

妊娠線とは、肌にできる線で、ピンク色や紫色っぽい色をしているときもあれば、時としてより白っぽい箇所があることもあります。

これはたいてい体重の増加により皮膚が伸びることによって起こります。結果として、皮膚の繊維が壊れ、妊娠線として知られる傷が残ってしまうのです。

妊娠線ができないようにする5つの方法

どうしてもできてしまう妊娠線もありますが、見た目があまりひどくならないようにする予防法があります。

1.体重の増加を抑える

自分の体重をしっかり管理しましょう。妊娠中に体重が増えすぎると、お母さんにも赤ちゃんにもよくありません。さらに、皮膚が必要以上に伸びてしまうため、妊娠線ができやすくなってしまいます。

妊娠線の予防法

2.ヘルシーな食事を心がける

抗酸化作用が高い食べ物を選びましょう。抗酸化物質は、コラーゲンの生成を助け、しっかりとして弾力のある肌にしてくれます。

したがって、ビタミンA、C、Eが豊富に含まれる食べ物を選びましょう。フルーツ、野菜、乳製品、肉、柑橘類、ベジタブルオイル、種、葉物野菜などが例の一部です。

3.運動する

健康でいるために適度な運動をして、活動的でいましょう。散歩をするなどの衝撃の少ない運動を選びましょう。

妊娠線ができることに最も深くかかわっている要因の一つは、妊娠中の体重増加です。

4.お肌を潤す

脱水症状にならないように、水や水分をたっぷりとることはとても大切です。お医者さんは、1日最低でも2リットルは飲むように勧めています。

さらに、毎日食べるものの中には、水分が入っているということも頭に入れておきましょう。ですので、水を無理やり飲む必要はありませんが、1日に摂取するべき水分量はとるように心がけましょう。

5.ボディーローションを使う

妊娠が終わっても、妊娠線は残ります。これを消すには、妊娠線を消すため、あるいは最低でも見えにくくするためのクリームを塗りましょう。

どうしてもできてしまうとしても、妊娠線を消したりうすくしたりする方法はあります。

妊娠線を消すために使えるローションやジェルはたくさん市販されています。ビタミンEやココアバターの入っているものを探してみてください。

ココアバターは、妊娠中も産後も妊娠線をできにくくするために役立ちます。

妊娠線はうすくできる

理想的には、妊娠線が完全に消えるか、ほとんど見えなくなるまでこういった製品を使い続ける方がいいでしょう。治療を始めるのが早ければ早いほど、妊娠線を消したり、うすくしたりできる可能性が高くなります。

化学製品や手術よりは、自然に治す方をお勧めします。そういったやり方はリスクを伴いますし、効果も薄いためです。

妊娠中にお肌のケアをしていても、妊娠線が絶対にできないという保障はありません。しかし、気を付けておくことは時間の無駄ではありません。

終わりに、妊娠線の残った肌のせいで、産後女性の自尊心が傷つけられてしまうことがあります。

産後、ホルモンの変化のためにすでに産後うつになっていたら、鏡で妊娠線を見ることでさらに辛い思いをするかもしれません。

やはり、産後妊娠線ができることは普通の症状なのだということを知っておくことが大切です。妊娠線がなるべくできないようにするには、肌を内側も外側も潤し、健康な食事をキープすることです。