乳房の基本的なお手入れ9つ

· 2018年11月7日
今回は乳房の健康を維持するのに、毎日出来るいくつかのことを紹介したいと思います。

今回は9つの基本的な乳房のケアの方法をお伝えします。乳房は女性の体の中でもとても敏感な部分です。専門家も、ちょっとした注意を常に向けておくことが体と乳房の健康を保つのに大切だと訴えています。

思春期、妊娠前後、授乳、その後、どの時期においても乳房の毎日のケアはとても重要なものです。体の健康維持にも深くかかわってきます。

そして、今回は乳房の健康を維持するのに、毎日出来るいくつかのことを紹介したいと思います。これは将来的な病気を予防するためにも大切なことです。

こちらもご覧ください 授乳の延長:お母さんにはよくないこと?

 

基本的な乳房のケア

乳房は顔や手と違って、常に隠れている部分です。だからと言って放っておいて良いというわけではなく、毎日できる乳房のケア方法がいくつかあります。

これを早い時期から行うことで(思春期からなど)、ストレッチマークやひび割れ、たるみ、その他乳腺炎などの病気を予防することが出来ます。

またエクササイズは胸部の筋肉の引き締め、ハリの維持、重力と闘うのに不可欠です。

健康に関しては、早期発見が治療と回復の基本となることは言うまでもありません。

エクササイズ 乳房

 

どんな状況が乳房の健康に影響する?

ホルモン障害、身体的な怪我、ぶつける、ストレス、体重変化、その他身体的な問題、同様に紫外線に急激、または継続的に当たることなどが乳房の健康を害する可能性があります。

また妊娠や授乳は乳房の変化において最も重要な時期です。この時期が過ぎた後に、肌のひび割れを見つける方も多いようです。

こちらもご覧ください どうして妊娠線はできるの?

 

乳房のケア、9つのヒント

1.紫外線に当たるときは必ず日焼け止めを塗りましょう。乳房はとても繊細なので、太陽の光を長時間浴びることでダメージを受ける可能性があります。

2.専門家は、妊娠中の石鹸の使用は自然な潤いを損なう可能性があるので避けるよう勧めています。代わりにクリームを使います。そうすることで、乳房周辺のお肌の水分を保つことが出来ます。

3.授乳する際は、ちょうど良い角度を見つけましょう。痛みが少なく、それでいて赤ちゃんが心地いと感じることの出来る角度です。

4.赤ちゃんに片方のおっぱいだけ飲むような癖をつけないようにしましょう。片方だけ飲む癖をつけてしまうと、(多くの赤ちゃんがその傾向があります)そちらだけミルクを作り続けるので、張ったり不快感や痛みを感じます。

5.バランスの良い食生活を心がけましょう。食事は体全体を正常に機能させるための大切なものです。もちろん乳房も例外ではありません。果物や野菜を食べ、ジャンクフードを避けましょう。食べ物がどう乳房の健康に影響するかって? 答えはシンプルです:体は全身のサポート、組織の再生、お肌の弾力に重要な役目を果たすタンパク質、コラーゲンを生成しなければなりません。また体重が増加すると、健康に有害な脂肪組織が増加します。

6.サイズの合ったブラジャーを付けましょう。着け心地が良く、柔らかく(できればコットン)、血液の循環を妨げないものにしてください。

ブラジャー

7.運動。運動は筋肉組織の維持をしてくれるという、重要な目的があります。また、心の健康にとっても大切なものです。

8.バーベナを使いましょう。細胞を保護し、血液循環を再活性化させ、お肌を甦えらせる抗酸化成分です。ホワイトワインビネガーの浄化作用と組み合わせることで、お肌の再生機能を高めることが出来ます。毎日のマッサージに使うと、乳房のたるみを改善することが出来ます。

9.セルフチェック。ここまででご紹介したことに加えて、月に1度セルフチェックを行いましょう。乳がんを早期発見できる場合があります。

娘さんがいる方は、早めに今回紹介した乳房のケアを教えておくと良いかも知れません。体全体の健康に加え、女性ならではの病気やその予防について話をして、健康的にいれるよう導いてあげましょう。