離乳食に切り替える時に注意すべきポイント

· 2018年9月27日

赤ちゃんに食事を与えることは簡単なように見えますが、実際はそうではありません。初めのうちは基本的に赤ちゃんの食事はミルクだけで、必要となることは母乳か粉ミルクかの選択だけです。 しかし生後6ヶ月をすぎると、必要に合わせて離乳食を始めなければなりません。この段階は、他の食材や水を取り入れることで、食べ物へのアレルギーの有無を確認する段階でもあります。

離乳食

赤ちゃんは、(生後1年の間に)成長するために、母乳や合成乳が必要です。赤ちゃんは生後6ヶ月間は母乳を飲みます。(この時点以降は離乳食と組み合わされる)。離乳食は生後6ヵ月から始めることが推奨されており、4ヵ月までは開始してはならないとされています。

目的は、あくまで母乳の代替でなく、むしろそれを補うことです。母乳育児は重要ですが、新生児に新たな味を体験させるためにも、適度に新しい食品を与えることも重要です。離乳食を始めたとしても、赤ちゃんが拒否するようであれば、辛抱強く支えてあげてください。赤ちゃんが新しい味や食感に慣れ、口を動かし、噛み始めるまでには時間がかかります。

赤ちゃんの食事

子供が与えた食事を拒否したとしても心配したり、動揺しないでください。むしろ、あなたの心配や動揺が子どもと食べものの関係に悪影響を及ぼします。拒否する場合は、静かにプレートから取り除き、通常通りに食事を続けさせることが重要です。子どもな受け入れるまで、次の日も、またその次の日も繰り返すことが必要です。粘り強く行うことで、嬉しい結果が得られることでしょう。

離乳食はどうあるべきか

生後6ヶ月では、赤ちゃんには自分で噛む能力はまだありません。つまり、新しい味はピューレ状の食品で提供することが絶対です。半固体であるピューレ状の食品は、赤ちゃんに口の動きを理解させるために導入されます。噛むことなく飲み込むことが目的ではありません。ピューレに赤ちゃんが慣れてくれば、少しずつ柔らかい食べ物を加えることができます。

「食事を汝の薬とせよ。汝の薬は汝の食事となる」

– ヒポクラテス –

赤ちゃんはそれぞれ、個性豊かです。どうすれば子どもが離乳食を食べてくれるのかを知るためにはまず、その子自身のことを知ることから始めなければなりません。ピューレ状の食べ物であればすべて食べてくれるわけではありませんし、時には食べることを拒否したり、単に食べ物を吐き出すこともあります。しかし、吐き出すことができずに、窒息してしまう赤ちゃんもいるので注意してください。赤ちゃんにとって危険はついて回るものなのです。また、赤ちゃんが半固形の食品を食べることができないからといって焦らないでください。忍耐強くピューレの食事を続けましょう。あくまで大切なのは、食べることができるということです。時が来れば、噛むこと覚えてくれるでしょう。

離乳食を始めるに伴って、スプーンを使用することも重要です。ピューレやマッシュフードを哺乳瓶に入れてはいけません。赤ちゃんにスプーンで食べることを覚えさせることもまた、重要な目的の一つなのです。牛乳や完全な液体を与える際には、哺乳瓶を使用しても構いませんが、それ以外の場合にはお勧めできません。離乳食を与える際にはベビースプーンが最適です。

バナナを食べる赤ちゃん

離乳食を始める

新しい食材は一度に一つずつ増やしていく必要があります。小児科の先生が乳児の栄養補給のためのガイドラインをくれるでしょう。一度に複数の新しい食材を加えることは、赤ちゃんにとって新しい味や風味が多くなりすぎるだけでなく、アレルギーや不耐性があった場合に、どの食材が原因なのかを特定できなくなります。最初から赤ちゃんが新しい食材を受け入れることは滅多にありません。赤ちゃんにとっては、不慣れなものであり、最初のうちはあくまで試している段階なのです。

また、子供に新しい食材を与える前に、赤ちゃんの便が正常か、吐き出さないか、肌に斑点ができていないか、他に何も症状がないかを確認しましょう。新しい食べ物を取り入れるたびに、赤ちゃんが嫌がっていないか、身体にネガティブな反応がないかに注意を払うべきです。少しでもおかしな反応が現れる場合は、できるだけ早く小児科医に相談し、その食品を取り除いてください。

赤ちゃんに与える食べ物には、赤ちゃんの胃がまだ非常に繊細であることもあり、厳密な注意が必要です。最初はどのような食材から始めるべきか、特定の年齢まではどのような食品を与えてはいけないのかなど、少しでも疑問があれば、掛かりつけの小児科の先生に相談してみてください。