一人で食事ができるようにするための5つのアドバイス

· 2018年7月30日
お子さんに一人で食事をさせることは簡単なことではありませんが、今回の記事ではこの大切な移行に役立つカギを紹介したいと思います。

お子さんに一人で食事をするよう教えると、親はより多くの時間を日々の仕事や家事に使うことができます。また、家族みんなが一緒に食事ができるということも意味します。

これを可能にするには、お子さんが自分で食事をする時にあなたも傍にいてあげなければなりません。

最も大切なことは、窒息しないように食材を小さくカットすることです。加えて、子どもの努力を誉めてあげると、お子さんも頑張ろうという気持ちになります。

きっと、生後12か月から15カ月には、運動技能の発達にもよりますが、子どもはスプーンを持って自分の口に持っていくことができるようになります。このとき、子どもはこの移行という最初の大きな一歩を踏み出すことが可能なのです。

2歳になると、たいてい子どもはフォークが使えるようになります。しかし、食べ物をナイフで切るというチャレンジはまだ後にとっておくことをお勧めします。ナイフを使うのは危険な可能性もあり、常に監督の元で行われなければなりません。

お子さんが一人で食事ができるようにする5つのアドバイス

お子さんが一人で食事ができるようにするためには、いくつかの戦略を実践する必要があります。これから紹介するのは、私たちがおすすめするアドバイスです。是非参考にしてみてください。

1.子どもが手で食べられる食事を出しましょう

子どもが自分一人で食事ができるようになるための最初のステップは、子どもが自分の手で食べられる食べ物を通して行います。食べ物を簡単に噛んで飲み込めるように小さく切ってあげましょう。また、口の中で簡単にほぐれるものにしましょう。

お子さんがもう少し大きくて、自分でものをつかむ方法がわかっていたら、スプーンやフォークなどの食器を導入するのにベストなタイミングかもしれません。それを可能にするには、食べ物を小さく切って、子どもにプラスチックのフォークをあげることが目標になります。

自分で食事ができるようになるには

お子さんが消化しやすい食べ物があります。バナナやマンゴー、ピーチなどの熟したフルーツや、ニンジンなどの調理して柔らかくなった野菜や、パスタ、チーズなどです。

2.子どもの好きな料理を作りましょう

お子さんがあなたの助けがないと食事ができないなら、お子さんの好きな料理を作ってあげるとうまくいくかもしれません。もちろん、注意を引くような食べ物が目の前にあった方が、自分一人で食事をするのがずっと簡単になりますよね。

こういった状況があれば、お子さんにフォークを持って親や他の家族の助けなしに料理を食べようというモチベーションを与えることになるでしょう。

3.お子さんの隣で食べましょう

お子さんの学習に一番いい方法は、大人を観察させることです。ですので、家族の食事は子どもが自分で食事をとることができるようになるには素晴らしい機会なのです。こうすると、子どもはみんなと一緒にいるのを楽しみながら、他の人の動きを繰り返したり真似したりできるのです。

実際、子どもの前に座り、子どもが自分で食べようとするのを観察してあげるのが断然お勧めです。ポジティブな態度をとることで、小さい子はより自信を持ち、そうするとより速く自分で食事をとれるようになります。

生後12か月から15カ月には、運動技能の発達にもよりますが、子どもはスプーンを持って自分の口に持っていくことができるようになります。2歳になると、たいてい子どもはフォークが使えるようになります。

4.家族みんなが関わりましょう

心理的観点から、お子さんがあなたの助けなしで食事ができるようになるには、食事はお兄ちゃんやお姉ちゃん、大人がやっていることだというのをお子さんに見せてあげることが必要です。こうすると、お子さんはすぐに自分一人で食事をし始めるでしょう。

この仮定には家族みんなが関わるべきです。同じように、誰も戻ってお子さんが食べるのを終わらせることのないようにしましょう。

家族の協力も大切

5.大惨事に対して準備しておきましょう

お子さんに一人で食事をするよう教えるためには、大惨事が起こることに準備しておかなければなりません。学びの過程で、子どもはテーブルを汚し、服にシミがついてしまうかもしれません。

これを防ぐには、お子さんによだれ掛けをすることで汚れを最小限にすることができます。もちろんシミは少しつくでしょうが、保護カバーやよだれ掛けを子どもにつけることで片付けが少しだけ楽になります。

一人で食べられるようになる過程では、お子さんをたくさん励ましてあげて、忍耐強く、一つ一つの成功を褒めてあげるのを覚えておきましょう。シンプルな決まりごとを少し行うことで、食事の周りに心地よい環境を作ることもおすすめです。