貧血予防のための食べ物とその栄養素

· 2018年6月2日

今回は子どもの貧血予防のために、ぜひ食事に取り入れた方が良い食べ物をご紹介します。

大抵の場合、貧血はヘモグロビンの減少によって引き起こされ、血中で酸素を運ぶ役割のヘモグロビン不足が身体の酸欠をもたらします。

子どもの食事の栄養不足やヘモグロビン不足すると、それが原因で病気になってしまいます。その為、私達は貧血予防には、どうしたらいいのかを理解する必要があるのです。

貧血の症状

貧血の主な症状を見てください。あなたのお子さんにこのような症状がある場合は、小児科医の検診を受けることをお勧めします。

  • いらいらし始める。
  • 息切れ
  • 食欲不振
  • だるい、疲れやすい。
  • 舌が痛い
  • 頭痛、めまい
  • 重度の貧血では、爪が割れやすく青白い色になる。

他にもビタミンB12や葉酸が不足することによって、貧血になることがあります。

貧血予防のための食べ物

貧血予防の食べ物がいくつかあります。ここでは、子どもの食事に取り入れていくと良い食品について、詳しく説明していきます。

果物

果物は子どもの健康にとても良いとされます。リンゴとトマトは特に鉄分が多く、貧血予防に最適です。

他にも鉄分の多い果物には、プラム、バナナ、レモン、ぶどう、オレンジ、いちじく、にんじん、レーズンなどがあります。果物は大量に摂取する方が良いでしょう。

はちみつ

はちみつは鉄分、銅、マンガンが豊富です。この栄養素の組み合わせがヘモグロビンの構成を促すので、はちみつは貧血予防の強い武器と言えます。

はちみつを使った間食を作ってあげる、または子どもの朝食に取り入れることもできます。

貧血予防の食べ物

肉類

ラムや牛肉などの赤い肉類には鉄分が多く含まれます。これらは、ヘム鉄が含まれるので、身体の細胞内で早く吸収されます。

牛レバーには、1日の栄養所要量の600%の鉄分が含まれます。肉類はビタミンB12も多いです。

魚介類

魚も鉄分が多く含まれるので、貧血予防に効果的です。

鮭やマグロなどの脂肪分の多い魚、ムール貝やカキなどのシーフードは、鉄分がとても豊富です。

卵はたんぱく質源であり、抗酸化成分も多く含むので、身体のビタミンをためておくのに役立ちます。

大きめの卵には1 ㎎の鉄分が含まれるので、毎日卵を食べることで貧血の発病を防ぎます。

野菜

ほうれん草、レタス、ブロッコリー、セロリ、ビート、ケールなどの野菜には、鉄分が多く、エネルギーレベルが上がります。

貧血予防 野菜

豆類とナッツ

特に貧血の症状がみられる場合、レンズ豆、ひよこ豆、いんげん、大豆は、子どもの食事に欠かせません。

さらに全粒粉、デーツ(ドライフルーツ)、ピーナッツ、くるみ、アーモンドが、貧血の対処と予防のために重要な食べ物です。

オートミール100 gには、4.7 ㎎の鉄分が含まれ、肉に含まれる量の3 ㎎以上です。1カップのオートミールには1日の栄養所要量の60%の鉄分が含まれます。

赤ビート

赤ビートも貧血に効果のある食材です。ビートは鉄分、ビタミンC、ビタミンB、カルシウム、葉酸が豊富で、貧血の防止に役立ちます。

ビートは、骨髄の血液細胞での造血に効果があります。

正しい栄養摂取のために、子どもの食生活にこれらの食品を取り入れて、貧血や他の病気にかかる予防をしましょう。

お子さんが既に貧血で重症の場合は、小児科医の検診を受け、医師の指示に従ってください。